積立は自分のペースで行いましょう

5月 1st, 2015

老後のために貯蓄をと考える事はおかしな話ではありません。公的年金が事実上崩壊していると言っても過言ではないのですから、自分自身で用意しておかなければと考えるのは解らない話ではありませんが、そこでです。どのような方法で老後の資産を作るかと言えば様々な方法がありますが、長期的視野で考えるのであればやはり「積立」という考え方がとても大切となってくるであろう事は言うまでもありません。積立でコツコツと行う事で、徐々にお金も増えていきます。

貯蓄の場合、徐々に元本が増えていくのですから、利息も僅かではありますが増えていきますので、積立はコツコツと行う事が求められているのですが、積立を行うのであれば、とにかく「マイペース」と徹底する事です。

周囲がどれだけ毎月積立ているかはいろいろと気になる部分ではありますが、経済バランスや環境は人それぞれ異なるものなはずです。そのため、自分自身のペースをしっかりと守る事がとても大切となってきます。周囲の積立額を聞いて焦るのは論外です。それでは意味がありません。自分自身の経済力や環境を考えた上で、無理のない範囲で行う事がとても大切なものとなってくるのは言うまでもありません。

積立投資の最新テクニックについてはこちらへ
負けにくい投資手法を身に着けられる人気コラムです。

インデックスを利用した投資方法

3月 2nd, 2015

投資の方法の一つとして、インデックス投資というものがあります。このインデックス投資というのは、文字通りインデックスに追従する形で投資を行っていく、という方法です。といっても、投資を行っていないひとにはこのインデックス、というものがそもそも良く分からないのではないでしょうか?インデックスというのは、対象となる市場における値動きの相場を示したものです。

国内で知られているインデックスとしてはTOPIXや日経平均、ダウなどが挙げられます。これらはそれぞれが株式市場であり、その数値を示しているものということになります。では、これらをどのようにして利用してインデックス投資というものが行なわれるのでしょうか?

インデックス投資は、市場の動きに併せて投資を行っていくという方法です。インデックスの相場が上がっている途上であれば買いオーダーを出し、下がっている途中であれば売りオーダーを出すことになります。こうすることによって、「利益頭」になることはないものの、着実に利益を得ていくことが出来るわけです。個人で行うことはなかなか難しいですが、投資信託などで行なわれている投資はこのようなものが多いのが現状となっています。

確定拠出年金のポイントはどこにあるか

2月 3rd, 2015

確定拠出年金は、公的年金や通常の個人年金と比べてどんなメリットがあるのでしょうか?ここでは簡単に確定拠出年金の持っているメリットについて解説していきたいと思います。

まず最初に確定拠出年金というのは、人それぞれ受け取れる金額に違いがあります。保険料の運用については自分の判断で行っていくことができるので、リスクを取る変わりに大きな金額を作るようにするか、あるいは利率が低い変わりに安定した運用を行うのか、ということを自分で考えることが出来ます。また、この際の運用商品を選択することが出来るというものポイントとなります。

また、確定拠出年金のポイントとして、転職に強いということが挙げられます。通常企業がベースとなっている年金である企業年金の場合、その企業をやめた場合には効果が失われるようになっています。しかし、確定拠出年金は運用ベースが別の会社であるために、あくまでも個人に紐付けられており、転職先でも問題なく利用を続ける事ができるようになっているのです。

かつては終身雇用が当たり前でしたが、現在では寧ろそうではない場合の方が多いため、転職に強いというのは非常に強みとなります。企業年金によって企業に縛られる必要がなくなるのです。

オフショアへの積立投資

1月 16th, 2015

オフショア地域に存在している投資信託に対して積立投資を行うのが、いわゆる海外積立投資というものです。オフショア地域の企業というのは税金がかからないために、他の地域の投資信託に投資を行うよりも高い効果を期待することができます。日本国内にはオフショア地域が存在していませんから、いわゆるオフショアファンドを利用するには海外のものを利用する他ありません。

ただ、この海外積立投資を行うにあたって、問題がないわけではありません。その問題の一つとして、日本の国内法の問題があります。日本では投資商品の購入を銀行や証券会社といった販売会社から行うことになるわけですが、この販売会社は金融庁の認可を受けた商品しか取り扱うことができません。そして、海外の投資商品というのは金融庁の認可を受けていませんので、オフショアファンドへの積立投資を販売会社経由で行うことは出来ないのです。

実際に自分で購入する場合には、投資助言会社などに仲介してもらって個人で購入を行うことになります。問題となるのはこの投資助言会社で、精度の低い会社や、悪徳な会社というのが少なからず存在しているため、それを見抜くことが難しいのが現状です。こちらも金融庁の認可制度がありますが、申請すれば通る程度のものなので免罪符にはなりません。

プロが行なうインデックス投資の効果

12月 12th, 2014

投資の手法というものは、マスターしますと要所で確実に利益を出す事が可能になります。その理由は、経済学に則ったというものや、莫大な経験談からの統計学といった何かしらの根拠があるからこそ強い効果があるとされています。特にプロが使っている投資の技術については、確実に利益を上げる期待度の高い取引き方法です。ぜひとも学習して覚えておきたいところです。

プロの代表的な投資の手法なのですが、インデックス投資と呼ばれているものがあります。これは従来の投資の基本である、安いうちに銘柄を仕入れ高いときに手放すという考えの逆の考え方で取引きを行ないます。それはチャートの動きをトレースし、ほんの少し収益が出たら決済、損失が少しでも出ても決済という超短期注文を何度も繰り返すという手法です。

この手法が流行しだしたのはリーマンショックで相場が乱れている時の話です。安いうちに仕込みたいところなのですが底の見えない下落に注文を入れることが出来なくなったのです。そこで代用されたのがインデックス投資でした。短期投資を繰り返す投資ですので、通常なら危険とされる荒れ相場であっても、確実に収益を出す事が可能になるのです。ただ基本から外れる投資方法ですので、一般人が身につけるには難しい投資技術かもしれません。

海外の土地物件で広がるチャンス

11月 28th, 2014

海外で投資を行ないますと、日本では受けられない様々な特典が受けられる場合があります。それは業者のサービス環境に起こるものもあるのですが、投資環境による特典というものがあるならそれは特に大きな差となるかと思われます。例えば不動産関連の海外投資の場合ですと、日本の物件で取引きを行なった場合よりも大きな収益を出せる可能性が高いと思われます。

海外不動産というものなのですが、日本の物件とは違いましてまだまだ土地価格が安定していない国の土地を購入できるというメリットがあります。日本の土地はバブルが弾けて以降は安定して収益を伸ばそうとしても限界が見えるようになってきました。しかし海外のこれから発展すると思われる国の土地で取引きを行ないますと、大きく収益を出せるかもしれないのです。

日本ではバブル前の成長期の際に不動産バブルと呼ばれる土地高騰がありました。もう日本で不動産バブルが起こるような事は考えにくいものなのですが、海外の土地を購入しますと外国の不動産バブルに出会うことができるかもしれません。先物取引の基本は成長前に目をつけることですので、海外不動産に今の内に注目しておくのは賢い投資家だと思いますね。機会がありましたら調べてみましょう。

長期投資と短期投資はどちらが良いのか

11月 12th, 2014

長期投資と短期投資。行うのであればどちらの方が良いのかは、常に議論の的となっていると言っても決して過言ではありません。それぞれ一長一短あるものですから、一概にはどちらが魅力とは言えないのですが、性格による部分もあります。

何事もじっくりとと考える人は長期投資の方が向いているでしょうし、反射神経が良い人だったり、直感に優れている人や、何かとすぐに結果を出したいと考えている人にとっては短期投資の方が向いていると言えるかもしれません。短期投資の場合、経済事情云々ではなく、株価の上下動の推移を上手く見切り、売買を繰り返す事で利益を得る事が可能です。配当も優待も関係ありません。

安く買って高く売るを繰り返していれば利益になるのです。その点長期投資の場合、配当や優待といったものをしっかりとり考えるべきです。企業の将来性もあります。これらをじっくりと考慮した上で、「数年後には伸びているのではないか」「数年間は安定しているのではないか」と思うような銘柄を選ぶ。勢いの問題ではなく、じっくりと選ぶ事が求められますので、長期投資の際にはどのような銘柄を選ぶべきなのかをかなり吟味すべきです。銘柄次第で成功にも失敗にもなるのですから。

オフショアファンドで投資の幅を広げる

10月 27th, 2014

投資には様々な手法・商品があります。提供している証券会社によって微妙に商品が異なりますので、どのような証券会社を選ぶかによって、「投資ライフ」が変わってくると言っても決して過言ではないのですが、投資の「幅」を広げてくれるものといえばオフショアファンドです。オフショアファンドは海外投資になります。投資は日本国内だけで行われているものではなく、世界中で行われているものですが、オフショアファンドは世界中で注目されています。投資に対して貪欲だったり、より素晴らしい効果をと思っている投資家ほどオフショアファンドをと考えるとされていますが、オフショアファンドを活用する事で投資の幅が広がるのは事実です。

国内だけではなく、国外の投資も行えるようになるのです。国内の投資ですと証券取引が行われている時間しか行えません。ですがオフショアファンドを活用する事で、時差のおかげで様々な時間で投資を行う事が出来るようになるのです。この点はとても大きなメリットとなっています。好きなだけ投資に浸かる事が出来るようになったという声もあるほどですから、オフショアファンドの注目度が高まっているのもよく解る話しなのではないでしょうか。

ローンを組んで投資ができるマンション経営

10月 12th, 2014

マンション投資をやりたいけど、まとまった購入資金がないとはじめられない、という悩みを持つ方もいらっしゃると思います。しかし、マンション投資はまとまった資金がなくてもはじめられます。多くのマンションオーナーは住宅と同じようにローンを組んでマンションを購入し、賃貸料金で返済をしながら経営しています。
ですから、だれでもマンション投資に参加できるのです。

とはいえ、マンションの購入費を全てローンで賄おうと考えるのは少々危険です。ローンの金額が大きければ大きいほど返済が大変ですので、できれば自己資金は頭金程度は用意しておくべきです。頭金を用意するメリットとしては、借入金額が少なくなるので、ローンの審査が通過しやすいというメリットがあります。
頭金が用意できたタイミングで積極的に物件探しをし、不動産会社と相談しながら資金の範囲内の優良物件を選択して、ローンを組むようにしましょう。

ローンというと万が一の時に残された家族のことが気になる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ローンを組む際には団体信用生命保険という保険に加入することになりますので、その万が一の時にでも家族に負担をかけることはありません。

失敗例からマンション経営を学べるwebページ