長期投資と短期投資はどちらが良いのか

11月 12th, 2014

長期投資と短期投資。行うのであればどちらの方が良いのかは、常に議論の的となっていると言っても決して過言ではありません。それぞれ一長一短あるものですから、一概にはどちらが魅力とは言えないのですが、性格による部分もあります。

何事もじっくりとと考える人は長期投資の方が向いているでしょうし、反射神経が良い人だったり、直感に優れている人や、何かとすぐに結果を出したいと考えている人にとっては短期投資の方が向いていると言えるかもしれません。短期投資の場合、経済事情云々ではなく、株価の上下動の推移を上手く見切り、売買を繰り返す事で利益を得る事が可能です。配当も優待も関係ありません。

安く買って高く売るを繰り返していれば利益になるのです。その点長期投資の場合、配当や優待といったものをしっかりとり考えるべきです。企業の将来性もあります。これらをじっくりと考慮した上で、「数年後には伸びているのではないか」「数年間は安定しているのではないか」と思うような銘柄を選ぶ。勢いの問題ではなく、じっくりと選ぶ事が求められますので、長期投資の際にはどのような銘柄を選ぶべきなのかをかなり吟味すべきです。銘柄次第で成功にも失敗にもなるのですから。

オフショアファンドで投資の幅を広げる

10月 27th, 2014

投資には様々な手法・商品があります。提供している証券会社によって微妙に商品が異なりますので、どのような証券会社を選ぶかによって、「投資ライフ」が変わってくると言っても決して過言ではないのですが、投資の「幅」を広げてくれるものといえばオフショアファンドです。オフショアファンドは海外投資になります。投資は日本国内だけで行われているものではなく、世界中で行われているものですが、オフショアファンドは世界中で注目されています。投資に対して貪欲だったり、より素晴らしい効果をと思っている投資家ほどオフショアファンドをと考えるとされていますが、オフショアファンドを活用する事で投資の幅が広がるのは事実です。

国内だけではなく、国外の投資も行えるようになるのです。国内の投資ですと証券取引が行われている時間しか行えません。ですがオフショアファンドを活用する事で、時差のおかげで様々な時間で投資を行う事が出来るようになるのです。この点はとても大きなメリットとなっています。好きなだけ投資に浸かる事が出来るようになったという声もあるほどですから、オフショアファンドの注目度が高まっているのもよく解る話しなのではないでしょうか。

ローンを組んで投資ができるマンション経営

10月 12th, 2014

マンション投資をやりたいけど、まとまった購入資金がないとはじめられない、という悩みを持つ方もいらっしゃると思います。しかし、マンション投資はまとまった資金がなくてもはじめられます。多くのマンションオーナーは住宅と同じようにローンを組んでマンションを購入し、賃貸料金で返済をしながら経営しています。
ですから、だれでもマンション投資に参加できるのです。

とはいえ、マンションの購入費を全てローンで賄おうと考えるのは少々危険です。ローンの金額が大きければ大きいほど返済が大変ですので、できれば自己資金は頭金程度は用意しておくべきです。頭金を用意するメリットとしては、借入金額が少なくなるので、ローンの審査が通過しやすいというメリットがあります。
頭金が用意できたタイミングで積極的に物件探しをし、不動産会社と相談しながら資金の範囲内の優良物件を選択して、ローンを組むようにしましょう。

ローンというと万が一の時に残された家族のことが気になる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ローンを組む際には団体信用生命保険という保険に加入することになりますので、その万が一の時にでも家族に負担をかけることはありません。

失敗例からマンション経営を学べるwebページ